ゲームのルール紹介

このサイトは、トランプ,タロット,ドミノなど、広い意味でのカードゲームを中心に紹介しています。

各ゲームのルールは下記からどうぞ。

目次

「ゲームのルール紹介」への18件のフィードバック

  1. 素敵なサイトをありがとうございます
    カシノのルールで、とった枚数の多い方には3点ではないでしょうか?

  2. ご指摘ありがとうございます。その通り、3点が正しく、2点は単純な間違いでした。ルールを修正しておきました。
    コメントの表示と返事が遅くなったこともお詫びします。

  3. 「グァンダン」のプレイ手順より先(得点のあたりから)が「闘地主」のそれになってます。



    ●こうあってほしいと言う光を作り出す
    ●≪特長≫
    ●撮影照明として開発された新型LEDスティックタイプのライト
    ●専用スタジオやストロボといった場所や機材を使わなくても、演出照明で広告写真に迫るインパクトの強い写真・映像が撮れる
    ●デーライト・タングステン・RGBフルカラーで使える
    ●本体から操作部を分離でき遠隔操作(無線リモコン)で使える、また、無線リモコンは最大8台までを1台でコントロール可能
    ●10段階/100段階切換できる連続調光機能
    ●色の切換・バッテリー残量・その他動作をディスプレイに表示
    ●フルカラー切換や調光を速攻で行うロータリータッチパネル採用
    ●AC/NP バッテリー2電源方式とマグネットアンバーフィルター付属
    ●≪仕様≫
    ●電源:DC12V-2A
    ●バッテリー:NP-Fシリーズバッテリー
    ●最大出力:約21.6W/20W (RGB時)
    ●光源:
    ●SMD白LED360Pcs
    ●SMD RGB LED60Pcs
    ●演色性:約Ra95
    ●色温度:約5000K
    ●照射角:約50度
    ●調光範囲:約100~0%連続(Fine/C)
    ●調光表示:00~99
    ●最大照度:約2800Lx/1m (5500モード時)
    ●(中心照度)
    ●約185Lx/1m/R
    ●約460Lx/1m/G
    ●約130Lx/1m/B
    ●点灯時間:約100分/6300mAh
    ●発光面:約50×410mm
    ●残量表示:5段階 (電圧検知)
    ●適用バッテリー:NP-Fシリーズ/2000mAh以上
    ●ライト取付:U1/4″カメラネジ(メスネジ)
    ●光束:約3100 lm
    ●リモコン:到達距離 検知距離 約15m チャンネル切換8CH
    ●ライト本体寸法:約583×48×24mm
    ●ライト本体重量:約540g
    ●ACアダプター:
    ●入力:100V-240V 50/60Hz
    ●出力:12V-2A センター+
    ●キャリングケース:約φ70×620mm
    ●付属品:アンバーフィルター(マグネット式)、ACアダプター、無線リモコン、キャリングケース、ハンドストラップ
    ●注)適用バッテリー(NP-Fシリーズ)とはFの後に直接数字が入るバッテリーです。
    ●注)バッテリーはメーカー・種類・使用環境により照度や点灯時間が異なる場合があります。
    ●注)LED素子にはバラツキがあるため、光色・明るさ・配光が異なる場合があります。
    ●注)収納及び移動時は必ず本体からバッテリーを外してください。
    ●バッテリーは付属していません。
    ●JANコード:4988115261058
    OA家電>デジカメ周辺機器>デジカメ用その他オプション>LPLL26115
    こちらの商品の送料区分は「100」です。
    1. ご指摘ありがとうございました。また、返事も対応も非常に遅れ、申しわけありませんでした。
      書きかけのままアップしてしまったようで、ご指摘通り途中から「闘地主」になっていました。
      調べ直して書き直し、入れ替えました。

  4. アンビション(Ambition)の終了条件ですが、正確にはディール終了後誰かが4回ストライクをとったら、そのディールでゲーム終了になるようです。
    また4回ストライクを取ったプレイヤーを除き、最も累計点が高いプレイヤーの勝ちになるようです。
    現在の文面だとそのディールでストライクを取ったプレイヤーを除くような意味に感じてしまいます。

    1. 大変遅くなって申しわけありません。もうすぐ4年になるほど放置してしまいました。
      さきほど作者のサイトでルールを確認したところ、誰かが100点に達したら終了と、ルールを変えていました。
      もしかしたら、ご指摘のルールも作者による変更によるものだったかもしれません。
      今となっては分かりませんので、書いた時のルールの保存と、もうすこし早い対応が必要だったようです。ほんとうにすみません。
      ところで、作者は2004年3月に日本のニコリの雑誌で紹介されたと書いていました。そんなこともあったのですね。

  5. ピノクルのメルドの説明の所、最後の方にラウンドハウスとあり、AとKとなっていますが、AとQですね。

    1. 確かトランプゲーム大全のピノクルのメルドのラウンドハウスにもKとQでなくてAとKと書いてあったような。

  6. べジークと、ピノクル(Pinocle)の2人ゲームについて
    正解は無いのかもしれませんが…
    ピノクルのメルドについては、べジークと以下の点で違いをつけた方がいいのではないでしょいか?
    ・シーケンスの点 
    Bez…250 Pin…150
    ・4カードの組み方
    Bez…スート関係なし Pin…4つのスートでつくる
    ・ダブルピノクルの点
    Bez…500 Pin…300

    1. 大変遅くなり、申しわけありません。
      書かれたとおりだと思いますので、そのように訂正しました。
      ありがとうございました。

  7. 争分(Zheng Fen ジョンフェン)
    http://gamefarm.jp/rule/zhengfen.html

    6)同位カード3枚のシークエンス
    誤:同位カード2枚ずつが~
    正:同位カード3枚ずつが~

    7)同位カード4枚のシークエンス
    誤:同位カード2枚ずつが~
    正:同位カード4枚ずつが~

  8. ゴンジューのルールの注2に「さらにダイヤモンドJも取れば倍の+1000点になる」と書いていますが、クラブ10の間違いでは?

  9. はじめまして。子供達と遊ぶためにこちらのサイトを利用させていただいていましたが、管理者の方の著書があることを知り購読させていただくことにしました。本日その本が届いたのですが、開いてみてビックリ。「トランプゲーム大全」すごいです!もう一生モノのつもりで大切に読ませていただきます。こちらのサイトと合わせてこれから沢山のゲームをプレイしていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です