KOYORAD ≪ラジエーター TYPE-F/アルミ2層タイプ(48mm)≫ 【スカイライン [R35] VR38DETT MT車】

KOYORAD ≪ラジエーター TYPE-F/アルミ2層タイプ(48mm)≫ 【スカイライン [R35] VR38DETT MT車】

28967円

KOYORAD ≪ラジエーター TYPE-F/アルミ2層タイプ(48mm)≫ 【スカイライン [R35] VR38DETT MT車】

KOYORAD ≪ラジエーター TYPE-F/アルミ2層タイプ(48mm)≫ 【スカイライン [R35] VR38DETT MT車】:オンラインプレゼンスと実店舗をシームレスに組み合わせて、柔軟なショッピング体験を提供できます。 即納最大半額,ランキングtop10,全商品オープニング価格KOYORAD ≪ラジエーター TYPE-F/アルミ2層タイプ(48mm)≫ 【スカイライン [R35] VR38DETT MT車】

KOYORAD ≪ラジエーター TYPE-F/アルミ2層タイプ(48mm)≫ 【スカイライン [R35] VR38DETT MT車】

Web マーケティング






KOYORADレーシングのフラッグシップモデルであるTYPE-F。他モデルとの放熱効果の違いは前述のグラフの通りですが、こちらは同等の放熱量を発揮するTYPE-Z(生産終了品)との空気側圧力損失を比較したグラフです。ご覧の通り、TYPE-FはTYPE-Zに比べ空気側圧力損失が35%程改善されており、走行風が効率よくコア内を通過する為、TYPE-Z以上の放熱量が期待できます。


TYPE-Zと比べ、乾燥重量約1kg(*)、冷却水を含めると約1.5~2kg(*)の軽量化を実現。(*車種により差があります)車が重いほど、また重量物が重心から遠くにあるほど、コーナリング時の慣性モーメントは大きくなり、ハンドリング性能は低下します。ラジエーターを軽量化することで、車体オーバーハング(車の全長のうちホイールベースからはみ出した部分)の軽量化につながり、TYPE-Zに比べハンドリング性能の向上が見込まれます。


コア厚53mmのTYPE-Zに対し、TYPE-Fは48mmとコアの厚みをダウン。ラジエーター搭載の際、搭載箇所周辺補機類への干渉リスクが減少しています。また、停止時だけでなく走行時においても、揺れによる補機類や配管との干渉を原因とした不測のマシントラブルのリスクも減少します。


上記1の圧力損失比較グラフに示した通り、TYPE-FはTYPE-Zに比べ圧力損失が低い為、ラジエーター冷却ファンへの負担低減とともに、冷却ファンの風量をアップさせることが可能です。

その他のカテゴリー

おすすめ記事

全ての記事を見る

KOYORAD ≪ラジエーター TYPE-F/アルミ2層タイプ(48mm)≫ 【スカイライン [R35] VR38DETT MT車】

全てのイベントを見る

アクセスランキング

会員ができること

現会員473,366
\カンタン1/
無料会員登録
はコチラ!

KOYORAD ≪ラジエーター TYPE-F/アルミ2層タイプ(48mm)≫ 【スカイライン [R35] VR38DETT MT車】

KOYORAD ≪ラジエーター TYPE-F/アルミ2層タイプ(48mm)≫ 【スカイライン [R35] VR38DETT MT車】:オンラインプレゼンスと実店舗をシームレスに組み合わせて、柔軟なショッピング体験を提供できます。 即納最大半額,ランキングtop10,全商品オープニング価格KOYORAD ≪ラジエーター TYPE-F/アルミ2層タイプ(48mm)≫ 【スカイライン [R35] VR38DETT MT車】